英会話に必要な最低限の単語だけを覚える

英会話に必要な最低限の単語はたったこれだけ!

今回の講義では、基礎的な英語が話せるようになるためにはどの程度の量の英単語を身につける必要があるのか、ということを説明していきます。

 

英語を学ぶ中で、多くの人にとっての悩みの種は単語だと思います。

 

単語力がないから英語が分からない、だけど、単語を勉強するのには時間も体力も必要になる。

 

しかも、果てしない量があるから、暗記するのもすごく大変。

 

こんな悩みは英語の勉強をしたことがある人ならば誰もが感じたことがあるでしょう。

 

しかし、本当に単語を学ぶ必要があるのでしょうか、私はそうは思いません。

 

たしかに、英字新聞を読んだり、仕事で英語を使ったりする人であれば相当数の単語を知っていなければ成立はしないでしょう。

 

ですが、簡単な英会話ができるようになることを目指す上では、単語は最低限のものを知ってさえいれば、それだけで特に問題はありません。

 

これまでの講義でも説明しましたが、スピーキングはリスニングなどの受動スキルとは違い、自分発信の能動スキルです。

 

つまり、自分の分かる範囲の単語や文法だけを用いて話していけば、できてしまうのがスピーキングなのです。

 

相手が分かる範囲の単語と文法で展開され、それを受け身で理解する必要のあるリスニングやリーディングとは違います。

 

そして、実際に簡単な英会話ができるようになるにあたってどれくらいの数の単語を知っていないといけないかとなれば、実は800語程度なのです。

 

「もちろん800語では少ない」「1,500語は必要だ」という英語のプロもいて、このあたりの見解は多少のバラツキはありますが、だいたい800〜1,500程度の数字に収まります。

 

それでは、この800〜1,500語というのはどれくらいのレベルの単語力を表すのでしょうか?

 

実はこれは中学で習う単語の数に収まってしまう程度の数なのです。

 

つまりは、義務教育を受けてきた人なら、すでに簡単な英会話ができるだけの量の単語を知っていることを意味します。

 

(もちろん、授業中に寝ていたとかそういった事情があれば話は別ですが)

 

簡単な英会話であれば、中学のときに習う程度の単語だけ知っていればできてしまいます。

 

簡単で基本的なよく使う単語を利用するだけでできるようになるのが日常英会話なのです。

 

書店に行けばどこにでもある中学生用の単語帳に載っている単語だけ覚えればそれで問題ありません。

 

簡単な英会話習得をするための勉強時間とエネルギーの配分として、単語の勉強は最低限にし、その分、実際に英語を話す練習を多くすることです。

 

そうすれば、苦しいと感じる単語の勉強をしないですみますし、英語を話す練習をすることで、英語の勉強が楽しいとも感じやすくなります。

 

逆に、高度な英会話をはじめから目指すと、単語の勉強だけで手一杯になってしまい、続けられない可能性が高くなります。

 

これぞ簡単な英会話から目指すべき理由です。

 

単語を勉強しなければならないという不安から解消された今、あとは簡単な英会話表現さえ身につけてしまえば、英語は話せるようになってしまうのです。

 

次の講義では、簡単な英会話表現を効率的に覚える方法について説明していきます。

 

■次の講義はコチラ
フレーズを覚えることが英会話の近道