スピーキングは難しいという誤解とスピーキングがもっとも簡単なわけ

実はスピーキングがもっとも簡単って知っていますか?

ここでは、英語のスピーキングが難しいと感じるのは誤解であり、実はスピーキングがもっとも簡単であることを説明していきます。

 

多くの人が英語のスキルの中でスピーキングこそもっとも難しいと思っています。

 

こんな声をよく聞きませんか?

 

英語は聞き取れるけどまったく話せない

 

単語や文法は分かるけど英語は話せない

 

TOEICの点数は700点を超えたけど英語は話せない

 

私もこのような声をこれまでたくさん聞いてきましたが、ただの誤解だと思っています。

 

「英語は聞き取れるけどまったく話せない」という人には、「聞き取りの練習ばかりして英語を話す練習をしてこなかったでしょ?」と言いたいです。

 

「単語や文法は分かるけど英語は話せない」という人には、「単語や文法勉強ばかりして英語を話す練習をしてこなかったでしょ?」と言いたい。

 

「TOEICの点数は700点を超えたけど英語は話せない」という人には、「TOEICの勉強ばかりして英語を話す練習をしてこなかったでしょ?」と。

 

そうなんです、多くの人が英語を勉強しているが、その中で英語を話す練習に時間をほとんど割いていないから英語を話すことができないだけなのです。

 

だから、「スピーキングは難しい」というのは誤解でしかありません。

 

実は、英語を勉強する時間の中でスピーキングの練習を中心にすれば、英語は思う以上にすぐに話せるようになります。

 

英語を話すことができないという人のほぼすべてが英語を話す練習をしていないだけ、この事実をまずは忘れないようにしましょう。

 

そして、驚くかもしれませんが、実際にはスピーキングが英語のスキルの中でもっとも簡単なのです。

 

リスニングよりもリーディングよりもライティングよりもスピーキングがもっとも簡単なのです。

 

なぜスピーキングがもっとも簡単なのか、その理由をこれからお話しします。

 

英語のスキルというのは、能動スキルと受動スキルの2つに分けられます。

 

能動スキルとは、自分が発信する側にあたるスキルであるスピーキングとライティングのことを言います。

 

それに対して受動スキルとは、相手の発信を受ける側のスキルであるリスニングとリーディングのことです。

 

つまり、受動スキルであるリスニングとリーディングは、相手の英語力によって使われる単語のレベルも文法のレベルも決定されます。

 

そう、相手の英語力に合わせる必要があるのが受動スキルなのです。

 

このような受動スキルはどれだけ勉強しても、相手の英語力の方が上であれば、理解できないことが多くあります。

 

能動スキルは自分が発信する側のスキルに当たるスピーキングとライティングです。

 

これらは自分の単語のレベルと文法のレベルで展開されることになります。

 

ということは、仮に簡単な単語や文法しか知らないとしても、それらのみを使って英語を話せば問題はないということです。

 

そして、スピーキングであればライティングと違って綴りを問われることもありませんし、文法的に多少間違ってしまったとしてもライティングと違って後に残らないので間違いを問われることもありません。

 

このような理由から、自分の分かる範囲の英語で発信すればよいスピーキングがもっとも簡単なのです。

 

ここで大切なのは、難しい英語を話そうとしないことです。

 

まずは簡単な英語で十分です。

 

なぜ簡単な英語で十分なのか、その理由を次の講義で説明していきます。

 

■次の講義はコチラ
まずは簡単な英会話習得を目指すことが大人の賢い戦略