日本語とあきらかに違う音から優先的に学ぶ

日本語とあきらかに違う音から優先的に学ぶ

これまでの講義で日本語と英語の発音の違いについて解説をしました。

 

内容としては、「日本語と英語の発音は異なるので、日本語と切り分けて英語の発音を1つずつ覚えていく必要がある」ということをお伝えしました。

 

これだけをお伝えしてしまうと、「そうか、すべての英語の発音を1つずつ順番に理解していくのか…大変そうだな」と感じてしまった人もいると思います。

 

しかし、実際のところ、全てを理解しなくても、それなりに正しい英語の発音はできるようになります。

 

「それなりに正しい」というのは、コミュニケーションに支障はまったくなく、ネイティブスピーカーが聞けば少し違和感があると感じる人もいるかもしれないが、発音がうまいと思ってもらえるような発音です。

 

そのために私がおすすめしているのは、「日本語と英語で大きな違いがある発音から学ぶ」という方法です。

 

日本語と英語で発音が違うと言っても、どの程度違うのかは音によって異なります。

 

日本語と英語で大きな違いがある音もあれば、日本語と似た音もあります。

 

そして、日本語と英語で大きな違いがある発音を日本語の発音で話してしまえば、それは通じません。

 

しかし、日本語と英語で似た発音は、そのまま日本語の発音で話してしまっても、問題なく通じます。

 

それゆえに、まずは日本語と英語で大きな違いがある発音から学ぶ、これらを身につけた後、必要に応じて日本語と似た発音を学ぶという順番を私はすすめています。

 

実際のところ、日本語と英語で大きな違いがあり、これが発音できないと英語に聞こえないという発音は多くありません。

 

以下に挙げるので、まずは意識的にこれらの発音の勉強から入ることです。

 

これができないと英語に聞こえない絶対に身につけるべき発音

 

 

「R」と「L」の発音・・・right lightなど

 

「R」と「L」の発音の使い分けができないと、コミュニケーションに障害が起きてしまいます。

 

日本人の「ラリルレロ」は「L」の音です。

 

これとは別に英語では「R」でも「ラリルレロ」の音が存在します。

 

「th」の有声音と無声音の発音・・・thank thatなど

 

日本人に馴染みがあるのは、「sa si su se so」や「za zi zu ze zo」の音ですが、英語には「that」や「thank」など「th」で「サシスセソ」と「ザジズゼゾ」の音が存在します。

 

この区別ができないと、コミュニケーションに障害が起きてしまいます。

 

「f」と「v」の発音・・・five giveなど

 

日本人に馴染みがあるのは、「ha hi hu he ho」や「ba bi bu be bo」の音ですが、英語では「f」や「v」でもこれらと似た音があります。

 

この区別が厳密にしないと、コミュニケーションに障害が起きてしまいます。

 

4種類の「ア」の発音

 

日本語では「ア」の音は1つですが、英語では4種類の「ア」の音が存在します。

 

カタカナの「ア」と「エ」の中間のような「ア」の音・・・cat appleなど

 

喉の奥で発音をする日本語の「ア」のような「ア」の音・・・us otherなど

 

日本語の「ア」よりも口を縦に大きく開ける「ア」の音、少し「オ」に近い・・・dog hotなど

 

口先で弱く発音をする日本語の「ア」のような「ア」の音・・・America awayなど

 

これら4つを正確に使い分ける必要があります。

 

上述の発音については、正確にできないと英語ではなくなってしまい相手に通じません。

 

それくらいこれらの発音は大切です。

 

まずはこれらを優先的に学ぶ必要があるということだけを頭に入れてください。

 

そして、それ以外の発音は後回しでも構いません。

 

これらだけであれば、それほど苦労はしないとイメージしてもらえると思います。

 

次の講義からは、発音の具体的な勉強法や実際の発音の仕方について解説していきます。

 

いざ実際の発音を学ぶとなったときに、多くの人が勘違いしていることは、ネイティブスピーカーから発音を学ぼうとすることです。

 

しかし、ここには大きな落とし穴があります。

 

その理由と、なぜネイティブスピーカーから発音を学ぶべきではないのかを次の講義では説明していくので、引き続きぜひお付き合いいただければと思います。

 

■次の講義はコチラ
発音は日本人から学ぶのがベスト