発音は日本人から学ぶ

発音はネイティブスピーカーからではなく日本人から学ぶ理由

英語の発音は、誰から学ぶのかということがとても重要です。

 

誰から学ぶのか、その選択肢としては大きく分けると、以下の2つになります。

 

  1. 生まれつき英語の正しい発音ができるネイティブスピーカー
  2.  

  3. 勉強したことによって英語の正しい発音ができる日本人

 

「ネイティブスピーカーのような発音ができるようになりたい!」という思いから、発音はネイティブスピーカーから学ぶものだと考える人が多くいますが、実はこれは間違いです。

 

効率的かつ確実に正しい英語の発音を身につけたいのなら、「勉強したことによって英語の正しい発音ができる日本人」から学ぶべきです。

 

これにはちゃんとした理由があります。

 

私たちは日本語のネイティブスピーカーで、日本語を自由に操ります。

 

もちろん、日本語の発音も完璧です。

 

しかし、もし日本語の発音を身につけたい外国人から「ぎゃ・ぎゅ・ぎょ」の発音を教えてください、とお願いされたら、あなたはそれを適切にそして分かりやすく説明することはできるでしょうか?

 

多くの人ができないはずです。

 

私たち日本人は生まれたときから日本語を耳にし、ネイティブスピーカーとして日本語の発音を身につけました。

 

そのため、日本語の発音について具体的に学習したことはありません。

 

だからこそ、日本語の発音の仕方について説明することを頼まれても、どう説明していいのか分からないのです。

 

せいぜいできたとしても、「たぶんこんな感じで発音をしている」というザックリとした説明や、「自分が発音してみるから、それを見ていて」ということくらいだと思います。

 

英語のネイティブスピーカーの「英語の発音を教えてください」とお願いするのも、まさにこれと同じです。

 

英語のネイティブスピーカーも日本語のネイティブスピーカーと同じで、生まれつき、自然と発音を身につけています。

 

当然ですが、発音の勉強をしたこともなければ、発音の仕方について考えたこともないのです。

 

逆に、日本人で英語の発音を勉強して正しい英語の発音を身につけた人は、どうやって英語の発音をしているのかを理解しているため、それを人に説明することができます。

 

このような理由から、英語の正しい発音は、英語の正しい発音ができる日本人に教えてもらうことがベストです。

 

そうすれば、口の開け方、舌の動かし方と舌の位置、声帯の使い方(声の出し方)などを具体的に説明してもらうことができます。

 

何より、日本語で説明を受けられるので分かりやすいです。

 

英語の正しい発音を身につけるには、まずは日本人で英語の正しい発音ができる人から指導を受け、その後、ネイティブスピーカーにチェックしてもらい、ブラッシュアップしていくことです。

 

しかし、ここで問題になることがあります。

 

それは、日本人で英語の発音ができる人は多くない、ましてやそのような人が身の周りにいない、お願いできる間柄にいないということです。

 

そのため、日本語で詳しい解説のある教材を使って独学で学習をしていくことが現実的な方法になります。

 

これがコスト的にも一番です。

 

ここで重要なのは、発音のどんな学習法を採用した英語教材を使うのかということです。

 

大きく分けると3つの方法があるので、次の講義ではその3つの方法について詳しく説明していきます。

 

■次の講義はコチラ
定番3種類の発音の学習方法