日本語と英語の発音の違いについて

日本語と英語の発音の違いについて

今回の講義では、日本語と英語の発音の違いについて説明していきます。

 

なぜ日本語と英語の発音の違いを説明するのか、その理由は、英語の正しい発音をマスターしたければ、日本語と英語の発音を切り分けて考えるようにする必要があるからです。

 

前提として、日本語と英語では発音が違います。

 

それなのに、日本語と英語の発音を同じであるかのように考え、英語の文章や単語であっても、日本語のカタカナで発音すればOKだと考えている人が多くいます。

 

これは中学校や高校の英語の授業で、英単語の発音を学ぶとき、カタカナを用いてその発音を理解してきたことが原因ではないでしょうか。

 

たとえば、「strange」という単語が単語帳にあれば、その上にカタカナで「ストレンチ」と書いて発音を理解していたということです。

 

発音の手がかりをつかむためと割り切ってカタカナを用いるのならまだよいのですが、カタカナが英語の発音であるかのように扱うことは完全に間違いです。

 

これは事実ですが、日本語のカタカナの発音と正しい英語の発音は一緒ではありません。

 

よく例として挙げられるのが「rice(お米)」という英単語です。

 

アメリカのレストランでお米が食べたくて「ライスをください」と注文したところ、それがネイティブスピーカーには「rice」ではなく「lice」に聞こえてしまい、店員が困惑してしまうとうものです。

 

※「lice」は「louse(シラミ)」の複数形

 

なぜ「rice」が「lice」に聞こえてしまったのでしょうか。

 

その理由は、日本語には「ラ」に当たる音が「ra」しかないのに対して、英語には日本語の「ラ」に当たる音が「ra」と「la」の二種類あるからです。

 

そのため、日本人が「ra」と「la」を区別することなく、カタカナの「ラ」として発音をしたため、相手には「シラミをください」と聞こえてしまい、意味が通じなかったというわけです。

 

(日本人が発音するカタカナの「ラ」は、英語では「la」になります。)

 

この例のように英語には日本語の「ラ」に当たる音が「ra」と「la」の二種類あり、正しい英語の発音をするにはこれらをしっかりと区別して発音しなければなりません。

 

「ラ」以外にも英語では区別が必要な音がいくつもあります。

 

日本語で「サ」は「sa」と表記しますが、英語には「sa」だけでなく「tha」という音も存在します。

 

「thank you」の「thank」などがこの「tha」を含む単語です。

 

このように日本語のカタカナだけでは再現できないのが英語の発音になります。

 

事実として、日本語の音の数よりも英語の音の数の方が圧倒的に多いです。

 

人や説によってどれだけの音があるという定量的な数字での解釈は異なりますが、英語の音の数は日本語の20倍という説も見たことがあります。

 

つまりは、日本語のカタカナ発音ではすべての英語の音が再現できないだけでなく、むしろほとんどの音が再現できないということです。

 

それゆえに、われわれ日本人が英語を学ぶ場合、日本語ではカバーできない英語の発音を身につける必要があるため、発音の学習を避けて通れないことになります。

 

英語の発音を日本語のカタカナ発音でごまかしているうちは、どれだけ英語の勉強を頑張ったとしても、あなたの話す英語はジャパニーズイングリッシュでしかありません。

 

酷な言い方をすれば、世界では通用しないということです。

 

ただの自己満足として英語を学ぶのであれば、それでもいいかもしれませんが、人とコミュニケーションを取ることを目的に英語を勉強しているのであれば、これではダメです。

 

今すぐカタカナ発音を卒業する、カタカナ発音で英語を学ぶことを卒業するという意識を持ちましょう。

 

これは英語の正しい発音を身につけるための絶対条件です。

 

しかし、決して難しいことではありません。

 

今後の講義で引き続き解説していく勉強法さえ知っていれば、誰でも正しい発音は簡単に身につけることができます。

 

それに対する次のステップとして、次の講義では「正しい発音をするために必要な3つの要素」について説明していきます。

 

■次の講義はコチラ
正しい発音をするために必要な3つの要素とは