英語学習におけるゴールの見つけ方

あなたが英語を学ぶゴールはこうやって見つける

イメージ04

 

前回の講義で、英語学習の目的「ゴール」と現在の英語力「スタート」を明確にし、「スタート」から「ゴール」を一直線で結んだものが、あなたの英語習得の最短ルートだと説明しました。

 

今回は、具体的に英語学習の目的「ゴール」の見つけ方について説明していきます。

 

誰もが憧れる英語ですが、英語を勉強する目的は人それぞれ違います。

 

海外旅行を楽しむためや、外国人の友達と会話をするためなど日常英会話の習得を目指す人もいます。

 

これとは逆に、仕事で英語を使うためビジネス英語の習得を目指す人もいます。

 

英語を身につけて、それを武器に出世や給料アップを目指す人もいます。

 

TOEICや英検などの資格を取得し、より良い就職や転職を目指す人もいます。

 

洋画が好きで、字幕なしで洋画を見るために英語を学ぶ人もいます。

 

ネットサーフィンが好きで海外のホームページを読むために英語を学ぶ人もいます。

 

このように英語を学ぶ理由は人それぞれです。

 

そして、自分の目的に応じて、何を勉強するべきかが決まります。

 

これが英語学習におけるゴールです。

 

仕事で英語を活かしたいと考える人は、ビジネスの場面で使える高度な英語力やフォーマルな表現まで身につける必要があります。

 

しかし、ちょっとした海外旅行や友人との会話のための英語を身につけたいのであれば、このような高度な英語力は過剰であり、必要なわけではありません。

 

簡単な英会話さえできればそれで十分です。

 

また、自分は海外のホームページを見るために英語を身につけたい、だから英語は話せなくても困らないという人の場合は、極端な話、スピーキングの勉強は不要なわけです。

 

TOEICについても考えは同じで、試験で問われるのはリスニングとリーディングのみなので、スピーキングとライティングは無視してしまっても高得点は達成できます。

 

最短ルートを進むという考えのもとでは、自分が目指す英語力や自分の目的から外れた勉強は遠回りになるだけで、ゴールまでの到達に大きな貢献をしてくれるわけではありません。

 

そのため、自分のゴールから外れた勉強は、とりあえず後回しにしてしまいましょう。

 

そして、目的を達成した後に、必要かどうかを判断すれば良いです。

 

まずは最短ルートを行くためのゴールにあたる「自分が何を目指して英語を勉強するのか」を明確にしましょう。

 

以下の質問を自分に問いかけてみてください。

 

あなたは何のために英語を学びますか?

 

英語を学ぶことで何ができるようになりたいですか?

 

そのために必要な英語のスキルは何ですか?

 

この質問に答えることよって英語学習のゴールが決定されます。

 

当然のことですが、ゴールを知らなければ進む方向も分かりません。

 

ゴールを設定せず、ただぼんやりと英語を勉強していくということは時間の無駄です。

 

ぼんやりと勉強するだけでは趣味の領域を抜けることはできませんし、アレもコレも勉強しないといけないという思いが芽生え、迷走してしまいます。

 

こんな状態では英語の勉強における失敗者になってしまうのも仕方がありません。

 

それゆえに、自分にとってのゴールを知ることはとても重要な作業になります。

 

ブレや不安をなくすためにも、ゴールの設定はしっかりとするようにしましょう。

 

次の講義では、自分の現状の英語力を把握してスタート地点を確認していく作業について説明していきます。

 

■次の講義はコチラ
現状の英語力を把握する