最速で英語が話せるようになるための最短ルート

最速で英語が話せるようになるための最短ルートの見つけ方

イメージ05

 

これからお話しすることは、英語習得の成否を決める上でとても大切なことです。

 

これを知っているか・知っていないか、実際にやるか・やらないかで英語習得の成否、習得までにかかる時間はまったく変わってしまいます。

 

私は自分の英語学習経験を振り返ったとき、これを知っていれば、私が実際に学習に費やした時間の半分程度で英語を習得できたと思います。

 

そのため、これから英語を学ぶ人にはぜひこれをはじめに考え、そして実行していただきたいです。

 

英語の勉強をするにあたって大切なことは、「自分にとっての最短ルートを見つけ、その最短ルートを進む」ということです。

 

言い換えるのなら、「無駄な勉強は一切せず、必要な勉強のみをして英語を身につける」ということです。

 

多くの人は無駄な勉強をしてしまい、それに時間を奪われ、「英語は大変だ」「英語は難しい」「自分には無理だ」と感じ、挫折してしまっている現実があります。

 

過去に英語に挑戦し、挫折したことがある人なら、このことが身にしみて分かるはずです。

 

そうならないためにも、まずはじめに「自分にとっての最短ルート」を見つるようにしましょう。

 

それでは、どのように最短ルートを見つければよいのでしょうか。

 

その方法について説明していきます。

 

最短ルートを見つけるに当たってまず考えるべきことは、「自分が英語を学ぶ目的」です。

 

人によって英語を学ぶ目的は違います。

 

日常英会話の習得を目指す人もいれば、仕事で英語を使うためにビジネス向けの英語の習得を目指す人もいます。

 

英語は話せなくても洋画を見ることができればいいという人もいます。

 

TOEICの点数さえ取れればOKで、英語が話せなくても問題ないという人もいるかもしれません。

 

このように、英語を学ぶことにおいて自分が何を「目的」=「ゴール」としているかをまずは考えます。

 

次に、自分の現在の英語力を明確にします。

 

「現在の英語力」=「スタート地点」とイメージしてください。

 

当然ですが、「スタート地点」から「ゴール」を一直線で結んだ道が「あなたの英語学習における最短ルート」になります。

 

これが進むべき道です。

 

「ゴール」から「スタート地点(現在の英語力)」を引けば、自分は何が足りないのか、自分が学ぶべきかが分かります。

 

後は、これを徹底的に学び、自分のものにすればゴールまで到達できるというわけです。

 

そして、それ以外の勉強は必要ありません。

 

英語の勉強は大変で難しいというイメージが先行していますが、自分がやるべきことだけをやっていけば、実は思う以上に時間もかからず、簡単なのです。

 

私は英語の勉強をはじめたころ、この考え方を知らなかったために、自分のゴールとは関係のない勉強に時間を使い、うまくいかずに悩み、苦しむということを経験してきました。

 

あなたは私がしてきた失敗をしないようにしてください。

 

自分にとって本当に必要な勉強のみに絞れば、英語の勉強も習得も実は簡単です。

 

次の講義からは、より具体的に最短ルートの見つけ方を説明し、最短ルートを一緒に見つけていくことにします。

 

■次の講義はコチラ
あなたの英語学習の「ゴール」を明確にする