日本人にとって英語は簡単

日本語を話せる私たちが英語ができない理由はない

イメージ12

 

今回の講義からは、英語習得において絶対に欠くことのできない「精神面」についてお話ししていきます。

 

英語習得において、極めて重要なのが継続です。

 

そして、継続できるかどうかを決めているのがその人の精神面です。

 

だからこそ、あなたの精神面を英語習得のためにより良い状態にすることで、結果が手に入りやすくなります。

 

そこで、多くの人が英語の勉強を続けることのできない最大の理由である、「英語は難しい」という思い込みからまずは外していこうと思います。

 

何事においても苦手意識は人間の思考や行動を止めてしまう最大の理由です。

 

苦手なことをやりたい・続けたいと思う人がいないのは当然のことです。

 

英語においてもこれは同じで、「英語は難しい」という思い込みは、英語への苦手意識やモチベーションの低下となってしまいます。

 

そのため、英語を習得するための第一歩として、「英語が難しい」という思い込みを外すことです。

 

「思い込みじゃなくて、英語は本当に難しいんだよ」と思う人もいるかと思います。

 

しかし実際のところ、「英語が難しい」というのは事実ではなく、ただの思い込みでしかありません。

 

私たちは日本語を話すことができます。

 

日本語と英語を比較して様々な要素で判断した場合、これは事実であり、言語学に詳しい人の間では常識にもなっていますが、日本語は英語の数十倍も習得が難しいとされています。

 

むしろ、日本語が世界で一番習得の難しい言語と言われているほどです。

 

つまり、日本語を話すことができる人が能力的に英語が話せないということはありません。

 

能力的に可能なのにできないということは、できないようにしている理由が何かしらあるわけです。

 

その理由は先ほども述べたとおり、「英語は難しい」という思い込みです。

 

日本語の方がはるかに難しいのにそれを習得している、しかし、それより簡単な英語ができないということは、あなたが過度に英語を難しいと思い込んでしまっていることを表しています。

 

あなたは世界で一番難しいとも評される日本語を話すことができるので、それに比べたら英語の習得なんて簡単なのだとまずは意識を変えましょう。

 

あなたがこれから戦う「英語」という相手は、あなたにとってイージーな相手なのです。

 

他の国の人がこれから日本語を学ぶのと、私たちがこれから英語を学ぶのでは、比較にならないほど難しさが違います。

 

つまり、これから新たに学ぶ言語が英語であるわれわれ日本人はラッキーなのです。

 

繰り返しますが、英語を学ぶことは「難しい」のではなく、「ラッキー」です。

 

どうでしょう?

 

こうやって考えると、英語に対する自分の見方が変わってきませんか?

 

あなたが英語に対する苦手意識をなくし、「できる」という前向きな気持ちで日々勉強を積み重ねれば、英語は必ず習得できます。

 

英語は難しくない。

 

英語は簡単。

 

勉強を継続すればできない理由はない。

 

できないとすれば、自分が英語を難しいと思い込んでしまい、行動が萎縮しているから。

 

英語ができるようになるか・できるようにならないのか、その結果はあなたの心が作り出しています。

 

英語は絶対できるようになる、そう自分に思い込ませてください。

 

この考えは英語を習得する上で必須です。

 

そして、中学や高校での英語の学習経験というのも実は重要ではありません。

 

その事実を次の講義で説明していきます。

 

■次の講義はコチラ
中学や高校など過去の学習経験は関係ない