日常生活に英語を入れ込む

日常生活に英語を入れ込むことは意識しだいで簡単

今回の講義では、英語を学ぶ上で、日常生活に英語を入れ込むことの重要性についてお伝えしていきます。

 

私たちは日本語で日常生活を行っているので、日本語をもちろん話すことができますし、日本語を忘れることもありません。

 

これと同じで、英語圏で育った人は英語をもちろん話すことができますし、英語を忘れることもありません。

 

この事実から何が分かるかといえば、生活の環境として使っている言語は、習得が可能で、かつ、忘れないということです。

 

また、日本人であっても、帰国子女などがその例になりますが、英語の生活環境にいれば、その環境の言語を身につけることができます。

 

日本人は日本語しか身につかないというわけではありません。

 

実は、ここに英語習得の大きなヒントがあります。

 

英語の生活環境で育った人は英語ができるようになる、この事実から、その本当の意味を深く考え、自分の英語学習に応用していきましょう。

 

「英語の生活環境」=「身のまわりが英語100%の環境」と定義することができます。

 

つまり、仮に今自分が日本にいるとしても、身のまわりが100%英語の環境を作り出すことができれば、それは英語圏で生活をしているのと変わりがないということです。

 

そのため、日本にいながらも、英語圏で育った人と同じように英語を身につけることができるようになります。

 

日本に住みながら英語圏の環境を作る、そのために日常生活にどんどん英語を入れ込んでいきましょう。

 

100%英語の環境を作ることは現実的に不可能かもしれませんが、可能な限り英語の割合を高めることを考えましょう。

 

日本にいながら英語の生活環境を作るには

 

  • 英語のテレビしか見ない
  •  

  • 洋楽しか聴かない
  •  

  • 携帯電話の画面表示を英語にする
  •  

  • 友達と英語で会話をする
  •  

  • 好んで外国人の友達と付き合う
  •  

  • 日記を英語で書く
  •  

  • 洋書を読む
  •  

  • 海外のホームページを見る
  •  

  • 英字新聞を読む
  •  

  • カラオケで英語の歌を歌う、など

 

上に挙げたのは例になりますが、このように自分の生活の中で日本語から英語に切り替えることができるものを探しましょう。

 

そして、英語に切り替えていきましょう。

 

すると、24時間いつでもどこかで英語と接している生活になっていきます。

 

英語に対する経験値はみるみる増えていきます。

 

しかも自然に、そして自動的に、です。

 

「環境が人間を作る」という言葉がありますが、私はその言葉が正しいと思っています。

 

海外での生活経験がないからという理由で、英語の習得に対して悲観的になる必要はありません。

 

あなたの意識しだいで、日本にいながらも海外さながらの環境は作れてしまいます。

 

今、自分の生活の中で何を日本語から英語に変えることができるのか、考えてみましょう。

 

次の講義では、勉強時間を確保する方法を具体的に説明していきます。

 

■次の講義はコチラ
勉強時間を確保する方法