毎日の行動の積み重ねができなければ英語の上達はない

英語貯金してますか?

イメージ16

 

今回の講義では、日々の英語の勉強に対するモチベーションになる話をしていきます。

 

英語を習得した人なら必ず分かることですが、英語とは短期間で上達するものではなく、毎日の積み重ねで上達するものです。

 

そのため、短期間で結果を求めようとする人には英語の勉強は向きません。

 

「ある日突然、宝くじに当たってお金持ちになれた!」と同じように、「ある日突然、英語が話せるようになった!」というような偶然は英語には絶対にありません。

 

唯一ある道が、こつこつと地道に毎日勉強を積み重ねていくことです。

 

つまり、運や偶然を頼りにするということは英語の勉強ではまったくの無意味になります。

 

宝くじのように一瞬・一発を狙うのではなく、毎日少しずつ自分の時間を英語の勉強に充てて、勉強時間の貯金を作っていくイメージです。

 

この貯金の残高がある一定のところを超えると、英語が話せるようになるというわけです。

 

1日10分の勉強であれば、10分の貯金しか作ることができません。

 

何も学習をしなかった日の貯金は0です。

 

1日1時間の勉強をした日は1時間の貯金です。

 

このように日々の勉強が貯金としてあなたに蓄積されていきます。

 

貯金の額に応じて、あなたの英語のスキルが決まります。

 

できる限り毎日貯金をすること、そして1日の貯金の額を大きくすること、これが英語の上達を早める法則です。

 

スキマ時間にちょっと英語のCDを聞いたり、読んだりするだけでも貯金の額を増やすことができます。

 

週末などにまとめて長時間勉強すれば、それはボーナスのような大きな貯金となり、周りとの大きな差になります。

 

勉強して貯金を早く貯めた人が勝ち、これが英語の世界です。

 

そして、お金と違って、一度貯めた貯金が簡単には減らないのが英語です。

 

一度覚えた英語は一生使えます。

 

だから、早く貯めた人が勝ちです。

 

今日、あなたはどれだけ英語勉強貯金をすることができましたか?

 

時間という貯金のための資源は十分に持っています。

 

あとはその時間という資源をどこに投資するかです。

 

くだらないことに時間を使い、その貯金を貯めても、長い人生であなたの役に立ってくれることは多くはないでしょう。

 

それならば、英語という投資価値の大きなものに自分の貴重な時間という資源を使った方が人生は実りの多いものになります。

 

英語は大きなリターンをくれる確実な貯金先です。

 

貯金として英語の勉強を意識すると、継続すること、モチベーションを高めることが容易になります。

 

ぜひ、この意識を持ってください。

 

■次の講義はコチラ
英語を身につける前に遊ぶか英語を身につけた後に遊ぶか