英語はできるようになるまでやる

英語は絶対にあきらめない、できるようになるまでやる

イメージ18

 

ここでは、私自身が英語の勉強において自分の信念としている考えを紹介していきます。

 

それは「できるようになるまでやる」という考えです。

 

「英語ができる人」とはどういう人なのかを一言で表すと、「絶対にあきらめることなく、できるようになるまでやった人」と言えます。

 

「英語ができる人」=「絶対にあきらめることなく、できるようになるまでやった人」

 

この公式は当然と言えば当然なのですが、普段の勉強の中で忘れがちなことです。

 

勉強はしているが上達を感じられない、やる気が出ない、忙しい、時間がない、他のことが魅力的に感じる…

 

このように英語の勉強を止める理由ばかり考えてしまうものです。

 

しかし、本当であれば英語の勉強を続ける理由にフォーカスすべきです。

 

なぜ自分は英語を学んでいるのかという目的をもう一度考え直してみましょう。

 

英語を身につけて何がしたいのか、そして、それをしている自分はどんな気分なのかを考えるようにしましょう。

 

英語を学ぶ目的を考えるだけでモチベーションが回復してくるはずです。

 

勉強を止めた瞬間、英語が話せるようになるという目標の実現の可能性はゼロになります。

 

逆にわずかでも続けていれば、英語が話せるようになる可能性は残ります。

 

休んでもいい、だけど止めないこと、英語ではこれが大切です。

 

ある日突然、生まれ変わったかのように急に英語が話せるようになるというものではありません。

 

こういう言葉で誘惑してくる宣伝もありますが、間違いも甚だしく、あきれてしまいます。

 

勉強の積み上げの結果として英語が話せるようになるものです。

 

上達をすぐに感じることができないのが英語です。

 

しかし、今日の10分の学習でも確実にゴールに近づく一歩になっています。

 

小さなことを積み重ねて大きなものを育てる感覚を持ちましょう。

 

できるようになるまでやり通すのだという強い意思を持つ、そして、できるようになるまでやる。

 

今英語が話せる人は例外なく全員がこのプロセスを経てきています。

 

あきらめてしまうのか、それとも粘り通せるのか、英語の神様はこの二択をあなたに迫ってきます。

 

あきらめさえしなければ、英語では東大生に勝つことさえできてしまうものです。

 

それくらい頭の良さよりも継続や粘り強さが大切になるのが英語です。

 

■次の講義はコチラ
英語なら東大生にでも勝てるようになる