多聴と精聴を使いわけて上達を目指す

多聴と精聴を正しく使いわけて上達を目指しましょう

イメージ15

 

今回の講義では、リスニング上達のために英語をどのように聞けばよいのかということを説明していきます。

 

英語の聞き方には大きく2種類があります。

 

それは「多聴(たちょう)」と「精聴(せいちょう)」です。

 

多聴とは、読んで字のごとくですが、とにかくたくさんの英語を聞くことを言います。

 

仮に聞いた英語の内容を完璧に理解できていないとしても気にする必要はなく、とにかく聞く量に焦点を合わせてひたすら英語を聞いていきます。

 

よく言われる「英語をシャワーのように聞く」ということです。

 

多聴は、すでに英語の音やスピードに慣れ、かつ、単語や文法なども理解できる中〜上級者向けのリスニングの勉強法になります。

 

テーマ、スピーカー、量など様々な英語をとにかくたくさん耳にして、その内容を感覚的に理解できるようにするためのトレーニングです。

 

このように耳にした英語を感覚的に理解できるようにすること、すなわち、ネイティブスピーカーに近い感覚で英語を聞く力を養うことができるようになります。

 

注意点としては、英語の初心者にはあまり意味がないトレーニングであるということです。

 

もちろん何も耳にしないのよりはいいですが、初心者がシャワーのように英語を聞いても、聞き取れない、聞いても理解できないことの方が多いため、十分な効果は望めません。

 

続いて「精聴」についてです。

 

精聴とは、流れる英語に意識を集中し、それをしっかりと聞き取り、完璧に理解することを目指す練習を言います。

 

英語の音に意識を集中しながら同じ英語を何度も何度も繰り返し聞くことで、それを完璧に理解するようにします。

 

このように精聴は、英語を正確に聞き取る力を養うためのトレーニングです。

 

そのため、どちらかといえば英語の初心者向けのトレーニングになります。

 

ここまで説明したとおり、英語には大きく2通りの聞き方があります。

 

多聴が中〜上級者向けで精聴が初心者向けと説明しましたが、どちらかのみに偏った学習はおすすめしません。

 

ウエイトとして、中〜上級者は多聴が多くなり精聴が少なくなる、初心者は精聴が多くなり多聴が少なくなりますが、どちらかのみしか行わないということはないようにしましょう。

 

リスニングに限らず、英語の習得にはバランスの良い学習が必要です。

 

このようにバランスを意識して私が実際に行っている多聴と精聴の使い分けは、はじめにその英語の音源を聞くときは多聴のような感じで軽く一通り聞くようにします。

 

そして、その後は時間をかけて精聴を行い、内容をしっかりと理解するようにします。

 

最後に内容を理解したその音源を多聴することで(何度も何度も聞くことで)、感覚的に自分の耳に覚えさせていくイメージです。

 

最初に全体像を把握し、次に精聴よって理解し、最後に多聴によって定着させるということです。

 

最初に全体像を把握することで精聴がしやすくなり、次にしっかりと精聴することで最後の多聴の感度が良くなります。

 

この流れによって、効率良く、そして効果的にリスニングを鍛えることができます。

 

次の講義では、リスニングの学習効果を高める必須アイテムなどを紹介していきます。

 

■次の講義はコチラ
リスニングの学習効果を高める方法