リスニングパワーの詳細情報

おすすめのリスニングの教材リスニングパワーの詳細情報

リスニングパワー

移動ボタン1

当サイト経由でリスニングパワーを購入すると、管理人の英語バカから英語の上達に役立つ特典教材を無料でプレゼントしています。

⇒特典教材の詳細ともらい方はコチラ

教材名価格レベル評価
リスニングパワー14,800円(送料込)初心者〜中級者評価ポイント5
内容1日の学習目安時間総学習期間必要になる事前知識
CD4枚 約256分(※)20分〜2ヶ月特になし

※CDの枚数と時間は特典で付いてくる「ボキャパワー」を含む

 

なぜリスニングを学ぶならリスニングパワーなのか?

 

リスニングの勉強における方法論というのは限られていて、以下に示す2つの方法しかないと言っても過言ではありません。

 

従来の定番のリスニング勉強法

 

  1. ひたすら英会話シーンなどを聞く学習
  2.  

  3. 速いスピードの英語を聞く学習

 

ひたすら英会話シーンなどを聞く学習はもっとも定番的で多くの人がやっている方法です。

 

英語を勉強したことがある人であればやったことがあるかと思います。

 

このように定番の学習方法ですが、私が思うことは、何の工夫もない学習方法であるということです。

 

わざわざ教材を買わなくても、無料でも再現できてしまう方法です。

 

それゆえに、この方法で劇的なリスニングの上達は難しいでしょう。

 

速いスピードの英語を聞く学習も最近では定番になりつつあります。

 

通常速度からスピードアップして1.5倍、2倍、3倍と速く加工された音声を聞いて学習していきます。

 

たしかにこの方法でも、スピードという面でリスニングの上達は期待できるはずです。

 

しかし、問題点があることも否定はできません。

 

それは、ただ音声加工によって速度を上げたものなので、実際の生の英会話とはまったく違って聞こえてしまうということです。

 

そのため、CDの英語は聞き取れるようになるが、本物の英会話には効果があまりないと感じました。

 

また、英語がゆっくり聞こえるように感じるのはただの錯覚でしかなく、時間の経過とともにまた聞き取れなくなってしまうこともあります。

 

効果に永続性がない、これは大きな欠点です。

 

これらは、結局はごくごく普通のリスニングの練習法であり、誰もがやっていることです。

 

そのため、仮にこれらの方法で英語を聞き続けたとしても、人並み外れた大きな上達は望めないでしょう。

 

人並み外れた上達をするには、やはり誰もやっていないような特殊な方法で練習を積むことです。

 

そこで私がおすすめするのがリスニングパワーです。

 

リスニングパワー

 

リスニングパワーは方法論が他の教材とはまったく違います。

 

リスニングパワーの独自のリスニング勉強法

 

  1. 英語の音1つひとつを理解して聞き取れるようにする
  2.  

  3. 英語の音の高さの周波数に慣れる特殊なサウンドを聞く
  4.  

  5. 生の英語で英語の速さに慣れる

 

これら3つのポイントは、他のリスニングの教材にはないリスニングパワー独自の学習方法です。

 

普通の英語学習者がやっていない方法だからこそ高い効果があり、周りと差をつけることができる、私はそう感じました。

 

リスニングパワーのTOEICボキャブラリー

 

リスニングパワーを実際に使ってみての感想

 

リスニングパワーは私以外にも支持する人が多く、ソニーやヤフーなどの大手企業、東京大学でもリスニングパワーの学習メソッドが使用された実績があるそうです。

 

導入実績

 

リスニングパワーを開発した人は、アメリカの言語学者のスコットペリー氏という人で、日本人を対象にした英語教育のプロです。

 

現在、日本で販売されている英語教材を作った人の中ではダントツに権威がある人と言われています。

 

私がリスニングパワーを使ってみて感じたのは、とても不思議な教材であるということです。

 

何が不思議かと言うと、CDの中で聞く音が不思議であること、そしてそれを聞いた効果が不思議であることです。

 

英語の音を覚えるセクションと、英語の音の周波数に慣れるセクションでは、英語の勉強とは思えないような特殊な音を聞いていきます。

 

「サラサラサラ〜」「ピー」「ズー」「シュー」などのように機械で作られたかなり特殊な音を聞いていきます。

 

もちろんこれらの音にはちゃんとした意味があり、われわれ日本人の脳に英語の音を刷り込む働きをしています。

 

聞いているうちは「これで本当に効果があるのか」「こんな音を耳にして意味があるのか」と思ってしまうのですが、後からその効果を感じることができる、これも大きな特徴です。

 

テキスト

 

このように不思議な音を聞いてリスニングを強化していくのがリスニングパワーなのですが、これらの音というのは、開発者のスコットペリー氏が脳科学者とサウンドエンジニアの協力のもと設計した音で、すべての英語を聞き取る力を養うものです。

 

聞き取れる音域を広める、英語の音1つひとつを聞いて脳に焼き付ける、紛らわしい単語同士を比較して聞く、このように英語が聞き取れるようになるための様々なトレーニングをしていきます。

 

実際にリスニングパワーを使ってみた結果として、私は英語の音がクリアーに耳に入ってくるようになった、集中力がない状態で英語を聞いていても聞き取れるようになったと実感できました。

 

音楽では音感が必要になるように、リスニングパワーは英語の音感を良くする教材とでも表現するとピッタリかもしれません。

 

自分の中にある、英語を聞き取る感覚を強くする教材だと感じました。

 

基本的に英語の音について学ぶ教材であるため、CDのみで学習をすることができます。

 

つまり、携帯式のオーディオ機器さえあれば、いつでもどこでも学習ができてしまうのもリスニングパワーの良いところです。

 

特に勉強をするという行為自体が苦手な人には、聞くだけで学習できてしまうリスニングパワーは継続しやすく、効果としても感じやすいので、英語を学ぶ楽しさを知ることもできるでしょう。

 

学習時間の目安としては1日20分以上、個人差を考慮しても1〜3ヶ月で英語が前よりも聞き取れるようになったと感じることができると思います。

 

私の場合はこれまでの英語の学習経験があったため、使用しはじめてから10〜15日程度で効果を感じることができました。

 

いずれにしても聞くだけで効果が得られる教材で、学習を続けることが他の英語教材よりもラクなので、1日20分以上という数字は思う以上に簡単にこなせると思います。

 

CD

 

リスニングパワーの学習方法は聞くことのみなので、テキストも確認程度しか必要にはなりません。

 

このように学習方法がシンプルなので、初心者であっても学習に際して特に悩むことはないはずです。

 

大切なのは、どうすれば効果をより高めることができるか、より早く感じることができるかということです。

 

それについて、私がリスニングパワーを使用する中で気づいたことをこれから説明していくので、実際に使用する際は意識してみてください。

 

リスニングパワーでの学習で必ずやってほしいことは、ヘッドホンやイヤホンを使い、音を大きめに設定して聞くことです。

 

なぜこのようにして聞くのかというと、音漏れをさせないことが最大の理由です。

 

音を大きくして音が漏れない状態で聞くと、脳に強烈に刺激を与えることができます。

 

このようにして聞いた後は、脳にリスニングパワーの音が強く残ります。

 

また、右耳→左耳→右耳→左耳のように、両方の耳に対して交互に音を聞かせるセクションがあり、これはヘッドホンやイヤホンを使用して聞かなければ両方同時に音が聞こえてしまうからです。

 

リスニングパワーは移動中などのスキマ時間を有効活用して使用できる教材なので、どのみちイヤホンなどを用いて聞くことが主になると思います。

 

そして、リスニングパワーの音に慣れてきたら、CDの音に合わせて発声をしていくとさらに強くリスニングパワーの音が脳に残るようになります。

 

これは脳が音を覚えることだけではなく、発音の力にもフィードバックされていくので発音もきれいになります。

 

このような形で学習していくと、リスニングパワーを聞いていないときでもリスニングパワーのCDの音が脳に残るようになり、生の英語を聞いたときに音をキャッチできる感覚が強くなります。

 

ですので、これらの方法はぜひ試してみてほしいです。

 

テキスト

 

リスニングパワーでは特殊な音を耳にしてトレーニングを行うとこれまで説明しましたが、もちろん英語を聞く学習が主になっています。

 

そして、これが他の教材との大きな違いですが、リスニングパワーのCDでは生の英語を聞くことになります。

 

他の教材は、発音が標準的で声が通るスピーカーを起用し、その人にゆっくりと英語を話してもらい、それを録音し、その後、音量の調整や雑音のカットなどの加工をした音声がCDに収録されているということがほとんどです。

 

言うなれば、ガチガチに加工された人工物の英語ということです。

 

それに対してリスニングパワーでは、このような加工された英語は聞きません。

 

基本的にネイティブスピーカーの生の英語であり、ネイティブスピーカーの英語の速さを体感することができます。

 

もちろん、初心者がいきなり生の英語を耳にしても聞き取れないので、CD1はネイティブスピーカーがゆっくり目で話す英語を聞き、CD2で生のスピードの英語を聞くという構成になっています。

 

私たち日本人がネイティブスピーカーが話す生の英語を聞くと、「速い」と感じるものですが、ネイティブスピーカーの英語のスピードに対応するためには、ひたすらネイティブスピーカーの生の英語を耳にし続けることが近道です。

 

リスニングパワーでは、このような生の英語をたくさん聞くことができるので、英語のスピードに対応する力も身につけることができます。

 

テキスト

 

これまで説明したとおり、リスニングパワーは他にはないリスニングの教材です。

 

英語の音の周波数、生の英語のスピードにフォーカスした教材はリスニングパワーしかなく、他の教材とは方法論がまったく違います。

 

英語を勉強する中で聞き取りに不安を感じている人は、このまま同じような練習をしていても改善されることがないというのが私が自分の経験で分かっていることです。

 

英語の勉強の中で悩んだときは、今までにない方法、今までとは違った方法、人がやっていない方法を試すことでブレークスルーできるものです。

 

そういう意味でも、リスニングパワーを使用することで、今まであなたが英語を学ぶ経験の中で感じたことがない効果を味わうことができると思います。

 

移動ボタン1

当サイト経由でリスニングパワーを購入すると、管理人の英語バカから英語の上達に役立つ特典教材を無料でプレゼントしています。

⇒特典教材の詳細ともらい方はコチラ