中〜上級者のリスニングの勉強法

中〜上級者がリスニング上達のためにすべき練習法とは

イメージ14

 

今回の講義では、英語の中〜上級者のリスニングの勉強法について説明していきます。

 

初心者は英語の音に慣れることが大切なので、難易度の低い英語の音声を用い、聞き取りに困らない英語を繰り返し聞いて、英語の音に慣れるリスニングの練習が有効です。

 

そして、この段階を抜け出した中〜上級者はこれとは違った方法で練習していかなければリスニングを上達させることはできません。

 

では、そのために何をすればいいのかとなれば、自分の実力以上の英語を聞くことです。

 

これが中〜上級者のリスニングの上達のポイントです。

 

初心者のうちはとにかく簡単な英語を繰り返し聞いて耳を英語に慣らす、そして初心者を抜け出したら実力以上の英語を聞いて自分のレベルを上げていく。

 

この考えに従って学習を進めていくと、リスニングは確実にレベルアップします。

 

それでは、「自分の実力以上の英語」とは何かについて説明をしていきます。

 

自分の実力以上の英語とは何かを定義すれば以下の4つになります。

 

・聞き取りが難しいと感じるスピードの英語

 

・聞き取りが難しいと感じるスピーカーの英語

 

・集中して聞くのが難しいと感じる量の英語

 

・使われている語彙などが高度で理解が難しい英語

 

上記の4つの観点から、現在の自分がリスニングおいて足りていない力は何なのかをまずは把握しましょう。

 

そして、それに合った英語を集中的に聞く練習をすることでリスニングは上達していきます。

 

単純な考えとしては、自分の弱点を見つけ、そこにアプローチしていく、ということです。

 

ここで注意しなければならないことは、これら4つを同時に満たす英語を聞いてしまうと、聞き取ることが難しく、どれも身につかないということです。

 

そうならないためにも、順番に1つずつ解決していく意識を持ちましょう。

 

やはり、これは初心者のリスニングの勉強法と同じで、自分のレベルとかけ離れた英語は聞いても力にはなりません。

 

自分のレベルよりも少し難易度が高い英語、実際に聞いてみて聞き取りが若干難しいと感じる英語を聞く、これが中〜上級者にとって有効なリスニングの勉強法です。

 

常に自分のレベルよりも少し難しい英語を聞くことです。

 

簡単に聞き取れる英語を繰り返し耳にすることは、中〜上級者にとってはリスニング力の維持にしかつながりません。

 

また、1つの英語の音源を繰り返し聞くことよりも、いろいろな英語の音源を聞いた方が上達につながります。

 

特に、いろいろなスピーカーの英語を聞くことは大切です。

 

実際の英会話では一人の限られたスピーカーとのみ英語を話すわけではありません。

 

年齢や性別、話し方などバリエーション豊富なスピーカーの英語を聞くことで、実践での聞き取りのスキルが強化されます。

 

ここまで説明したとおり、英語の初心者と中〜上級者では、効果的なリスニングの勉強法が真逆になります。

 

だからこそ、現在の自分の英語力を正確に把握し、それに合った勉強法で進めていくことが大切です。

 

次の講義では、リスニングの基本とされる「多聴」と「精聴」について説明していきます。

 

■次の講義はコチラ
多聴と精聴を使いわけて上達を目指す