リスニングと単語や文法

リスニングを学ぶ上で単語や文法には無理に時間を割かないこと!

前回の講義で、英語が聞き取れない3つの理由について説明しました。

 

英語が聞き取れない3つの理由

 

  1. 英語の音そのものを知らないから聞き取れない
  2.  

  3. 英語のスピードについていけないから聞き取れない
  4.  

  5. 単語や文法が分からないから聞き取れない

 

その理由の1つとして、「単語や文法を知らないから英語が聞き取れない」ということを挙げました。

 

それならば、リスニング上達のために単語や文法を学ぼうと思われる人もいるはずですが、「ちょっと待った!」と言いたいです。

 

たしかに単語や文法を知らないから英語が聞き取れないということは事実です。

 

しかし、英文法については必要な知識は限られていますが、すべてを学ぼうと思えばかなりの量になりますし、単語については無限大の量があります。

 

そのため、リスニング上達のために単語や文法から学んでいこうと考えると、果てしないほどの時間が必要になってしまいます。

 

だからこそ、上記の3つの理由のうち、まずは「1」の英語の音と「2」の英語のスピードから対策していくことが初心者の取るべき方法です。

 

リスニングの力をつけるのであれば、効果に即効性のない単語や文法を学ぶことよりも、効果に即効性のある英語の音と英語のスピードに対応する力を身につけることです。

 

その方が早い段階でリスニングの上達を感じることができます。

 

そして、単語や文法については、英語の音と英語のスピードに対応するトレーニングをする中で出会う単語や文法をその都度覚えていけば大丈夫です。

 

その方が学習の負担もストレスもありません。

 

英語の音と英語のスピードについては感覚的な要素ですが、単語や英文法は学術的な要素のため、この勉強を楽しめる人は多くはないはずです。

 

まずは楽しみやすいことからやっていきましょう。

 

このような理由から、当サイトのリスニングの勉強法では、英語の音を理解するために何をするべきか、英語のスピードに慣れるためには何をすべきかということを引き続き説明していきます。

 

もちろん、大量の英語を常に耳にすることが大切ですが、どうすればより効率的に短時間でリスニングの上達ができるのか、その具体的な方法をお教えしていきます。

 

ぜひ引き続きの講義にもお付き合いください。

 

■次の講義はコチラ
英語の音とスピードに慣れるにはどうすればいいのか