英語の音とスピードに慣れるには

英語の音とスピードに慣れるにはどうすればいいのか

英語の初心者がリスニングの上達を目指すとき、効果に即効性があるのは、英語の音を理解するトレーニングと英語のスピードに対応するトレーニングの両方をすることです。

 

今回の講義では、英語の音とスピードとは何かということについて掘り下げながら、どうすればこれら2つに対応する力を身につけられるのかということを説明していきます。

 

まずは英語の音についてです。

 

これまでの講義でも繰り返し説明していますが、前提として、英語の音と日本語の音はまったく別物なのだと認識しなければなりません。

 

では、何が違うのかといえば「音の周波数」です。

 

「周波数?」と思われる人もいると思います。

 

下の図を見ながら、周波数が何かということについて説明していきます。

 

音の違い

 

周波数とは、「hz(ヘルツ)」という単位で表される「音の高さ」です。

 

上の図は、英語と日本語のそれぞれの周波数を表しています。

 

この図の通りですが、日本語と英語の周波数は大きく異なり、同じ領域に一切存在していません。

 

日本語の周波数は125〜1,500hzと低いのに対し、英語の周波数は2,000〜12,000hzです。

 

日本語の周波数の上限値が英語の周波数の下限値を下回るほど、日本語と英語は音の高さが異なり、このように音の高さに大きな違いがあるからこそ、日本人は英語を聞き取ることが苦手というわけです。

 

それゆえに、英語を聞き取る力をつけるためには、まずはこの周波数のギャップに対応しなければなりません。

 

この具体な方法については後述します。

 

英語の音の次は、英語のスピードです。

 

英語のスピードに慣れるために、多くの人が間違った練習をしてしまっていることを私はとても残念に思います。

 

(もちろん私もこの間違った方法の経験者ですが)

 

それは、再生速度を速くした英語のCDを聞いて英語のスピードに対応する力を身につけようとすることです。

 

CDの再生速度を1.2倍や1.5倍などにして英語を聞いていると、通常の速度に戻したときに英語がいつもよりもゆっくりと聞こえるようになる、こんな練習法です。

 

しかし、これは相対的な速度差によって遅く聞こえているだけで、リスニングの力そのものが向上したわけではありません。

 

つまりはただの錯覚です。

 

時間が経てばこのような錯覚はなくなりますし、速度の相対的な差がない状態で聞けば、いつもどおり聞き取れません。

 

この手の練習をしている人は、音声加工で速くしただけの英語とネイティブスピーカーが話す生の英語は全く違うということを知りません。

 

ただ音声加工によって速くしただけの英語は、リズム・イントネーション・アクセントなどが死んでしまい、生の英語とは違うものになってしまっています。

 

最近のDVDプレイヤーは再生速度を1.2倍などにすることができますが、日本語の映画でも再生速度を1.2倍にして聞けば、違和感だらけの変な日本語に聞こえてしまうのと同じことです。

 

英語のスピードに対応する力を身につけるには、生の英語を聞いてスピードに慣れなければ意味はありません。

 

聞き取りやすいキレイな発音のスピーカーが丁寧に話し、音量の調整や雑音のカットがされているCDの英語と生の英語は同じではありません。

 

ガチガチに加工されたCDの英語を聞いても、せいぜいCDの英語を聞き取る力が身につくだけです。

 

説明が長くなってしまいましたが、英語の音(周波数)とスピードに慣れるにはどうすればいいのかという本題に入っていきます。

 

そのためには、「生の英語をとにかくたくさん聞いて慣れること!」です。

 

「おいおい、そんなの当たり前だし、それじゃ即効性がないじゃないか」「そんなのは知ってるけど、生の英語を聞く機会がないんだよ」というクレームが来ると思うのですが、これが結論ではないのでご安心ください。

 

私はとあるサウンドプログラムを使用したことによって2ヶ月程度でこれら2つの能力を身につけることができました。

 

このサウンドプログラムはリスニングパワーという英語教材なのですが、これまで説明してきたとおり、英語の音の周波数とスピードのみにフォーカスした特殊な教材です。

 

即効性と効果は抜群で、リスニングであればリスニングパワーというのが私の中の位置づけです。

 

リスニングパワーの内容と効果については次の記事で詳しくまとめていますので、リスニングの悩みを持っている人はぜひ参考にしてみてください。

 

リスニングパワーの詳細情報と私の体験談はコチラから見ることができます

 

リスニングパワー