英語を聞き取れない3つの理由

あなたが英語を聞き取れない理由を教えます

英語が聞き取れないというリスニングの悩みは誰もが抱えていますが、なぜ英語が聞き取れないのか、その理由を明確に理解している人はほとんどいません。

 

私もかつてはリスニングがすごく苦手でした。

 

「どうしてこんなに勉強しているのに英語が聞き取れないのか」と自己嫌悪になるほど苦手でした。

 

このようなリスニングの悩みを解決するために、私は英語の勉強法について書かれた、ありとあらゆる書籍を読んできました(下の写真)。

 

英語参考書

 

その結果として、なぜ英語が聞き取れないのか、それには明確な3つの理由があることが分かりました。

 

私がこれを知ったとき、「なるほど!」という大きな気付きがありましたし、英語が聞き取れないのはこの3つの理由のいずれかが欠けているからで間違いありません。

 

それでは早速、「英語が聞き取れない3つの理由」をお教えします。

 

英語の音そのものを知らないために聞き取れない

 

当然ですが、知らない音は聞き取れません。

 

前提として、英語の音と日本語の音は同じではありませんし、英語の方が日本語よりも使われている音の数が多いです。

 

つまり、日本語の音にはない音が英語には多数あり、これらは新たに理解する必要のある音になります。

 

私たちは学校の授業などでカタカナを用いて、英語の発音を理解したり、表現したりしてきました。

 

これはあくまでも近い音としてカタカナを用いただけであり、正しい英語の発音を表したものではありません。

 

このようにカタカナを用いて英語を表現することのせいで、あたかも日本語と英語の音が一緒であるかのように思い込んでいる人もいます。

 

しかし、英語の音と日本語の音はまったくの別物です。

 

英語が聞き取れるようになるには、まずは英語の音を知る必要があります。

 

当然ですが、英単語も英文もすべては英語の音1つひとつが集まってできているからです。

 

すべてにおいてその素となる英語の音を理解していなければ、リスニングはできません。

 

 

英語のスピードについていけないために聞き取れない

 

ネイティブスピーカーが話す英語は、ネイティブスピーカーではない私たち日本人にとっては速く感じてしまうものです。

 

そのため、聞き取ろうと一生懸命何努力はするものの、聞き取れないということがよくあります。

 

このように英語のスピードについていけないことも、英語が聞き取れない理由の1つです。

 

これは単純に英語のスピードに慣れていないことが原因です。

 

 

単語や文法が分からないから聞き取れない

 

当たり前のことですが、知らないものは聞いても聞き取れませんし、理解することもできません。

 

例えるのなら、エチオピアで話されているアムハラ語のような私たちがまったく知らない国の言葉を聞いても、意味が一切分からないのと同じことです。

 

英語もこれと同じです。

 

知らない単語や知らない文法を何度聞いても、その意味まで分かることはありません。

 

このようにそもそも聞いた英語を知らなければ、音への理解とスピードへの対応力があったとしても、聞き取れない(聞いても理解できない)ことになります。

 

それゆえに、英語のリスニングには単語や文法の知識が欠かせません。

 

 

ここで説明したとおり、英語が聞き取れない理由は上記の3つです。

 

だからこそ、リスニングの上達を目指すにはこれら3つをどのように対処していくかということが重要になります。

 

前提として、単語や文法の習得は時間をかけた積み重ねが必要であり、決して短期間で身につくものではありません。

 

このような理由から、時間がかかる単語や文法の学習は暫定的に解決し、英語の音とスピードの対応に重点を置いた学習をしていくという方法をこの講義ではお教えしていきます。

 

そのために、まずはリスニングに必要な単語や文法の学習をどのように進めていけばよいのかということから説明していくことにします。

 

■次の講義はコチラ
リスニングを学ぶ上での単語や文法との付き合い方