リスニングの学習効果を高める方法

リスニングの学習効果を高めるためにこれは絶対してください

今回の講義では、リスニングの学習効果を高めるアイテムを紹介していきます。

 

それは、すでに多くの人が使用していますが、携帯オーディオプレイヤーです。

 

イメージ17

 

かつては携帯オーディオプレイヤーと言えば、iPodなど音楽や音声を聞くことのみに特化したものが主流でしたが、今では多くの人が持つスマートフォンも携帯オーディオプレイヤーの役割を果たします。

 

もちろん、機能面や使い勝手、容量や充電の問題などがあるので、スマートフォンよりもiPodなどの方が英語の勉強用には適しています。

 

しかし、スマートフォンでもここで説明する方法に対しては代用可能なので、持っていない人はまずはスマートフォンで試してみてください。

 

携帯オーディオプレイヤーを使うことによるメリットは主に以下の2つです。

 

英語のリスニングに携帯オーディオプレイヤーを使うメリット

 

  1. スキマ時間の活用など勉強時間が増える
  2.  

  3. リスニングに感度が良くなる

 

「1」については容易に想像できることですし、すでに多くの人がこの目的で携帯オーディオプレイヤーを使用しています。

 

英語のリスニングの特徴は、耳さえあればいつでもできるということです。

 

そのため、携帯オーディオプレイヤーを使用すれば、移動中・運動中・食事中などなど何をしているときでも、耳さえ空いていれば、リスニングの勉強がすることができるようになります。

 

その結果、単純に英語を耳にしている時間が増え、リスニングが上達するというわけです。

 

私たちは特に日本語を勉強したわけではありませんが、生まれてからこれまでずっと日本語のみを耳にする生活をしてきました。

 

そして、日本語を身につけました。

 

携帯オーディオプレイヤーを使って、英語を耳にする時間を増やせば、これと近い感覚で英語を身につけることができるようになります。

 

続いて2つ目の理由についてです。

 

携帯オーディオプレイヤーを英語のリスニングに用いることで、リスニングの感度が良くなります。

 

携帯オーディオプレーヤーでは基本的にイヤホンで英語を聞くことになります。

 

これがポイントです。

 

イヤホンを使用することで、ほとんど音漏れなく英語を聞くことができます。

 

それに対して、自動車のオーディオ機器などでイヤホンを使用せずに英語を聞くと、音が周囲に拡散してしまいます。

 

このようにイヤホンを用いるリスニングと用いないリスニングでは聞こえ方が異なり、練習ならば、イヤホンを使って直に英語の音を耳に当てたほうが脳に英語の音の強い刺激を与えることができるようになります。

 

また、音の大きさの調整も自由です。

 

イヤホンを使って音漏れがない状態にし、大きな音で英語を聞いてみましょう。

 

うるさいと思うくらいの音量でOKです。

 

そうすると、さらに強い英語の音の刺激を耳に与えることができますし、英語の音が耳に強く残る感じがするはずです。

 

このとき、自分自身もその英語の内容を覚えているはずですが、それ以上に脳が聞いた英語の音を覚えてくれています。

 

決して英語を文章として覚えているわけではなく、音として感覚的に覚えてくれます。

 

このようにイヤホンを使い、音漏れのない状態を作り、大きな音量で英語の音を聞くことで、英語の音に対する感覚は強くなります。

 

スキマ時間の活用と強い英語の音の刺激を脳に与えることができる携帯オーディオプレイヤーでの英語のリスニングは、学習効果を高めるためにとても有効です。

 

携帯オーディオプレーヤーはスマートフォンでも代用可能ですし、平均して1〜2万円程度ですが、リスニングの学習効果を考えるとすぐに元を取ることはできるので必ず買った方がいいです。

 

次は少し手間ですが、聞き取りの定番の練習法であるディクテーションについて説明をしていきます。

 

■次の講義はコチラ
音をしっかり聞く練習「ディクテーション」について