ディクテーションの効果と問題点

音をしっかり聞く練習「ディクテーション」の効果と問題点とは

英語のリスニングを強化するための定番の方法として「ディクテーション」というものがあります。

 

今回の講義では、このディクテーションについて詳しく説明していきます。

 

ディクテーションとは何か?

 

ディクテーションとは、英語の音を正確に聞き取る能力を養うためのトレーニングです。

 

方法としては、スクリプト(台本)で内容が確認できるCDなどの英語を流します。

 

その英語の音を聞き、聞いたとおりに紙に書き出していきます。

 

聞き取れるまで何度も同じ箇所を繰り返し聞きます。

 

分からないままで終わらせるのではなく、分かるまで聞くということを意識し、何度も聞くようにします。

 

聞いたものが分からない箇所は空欄にして次に進み、スペルが分からない場合はカタカナで音を表記してもOKです。

 

最後にスクリプトと自分が書き出した英語を照らし合わせます。

 

そして、間違っていた箇所、聞き取れなかった箇所をチェックし、確認のために英語を再度聞き直します。

 

ディクテーションの効果

 

上記の方法でディクテーションを行うことで、英語を正確に聞き取る力を養うことができます。

 

特に一字一句間違いなく聞き取るのがディクテーションなので、弱点の発見とリスニングの「正確さ」を養うには非常に効果的な方法になります。

 

また、リスニングではありませんが、手を動かして英語を書き出すので、単語のスペルを覚えることもできますし、ライティングの力にもつながります。

 

ディクテーションの問題点

 

上で説明したとおり、ディクテーションは非常に手間のかかる作業です。

 

どのような音声を用いてディクテーションを行うかにもよりますが、難易度としては低くありません。

 

そして、このような勉強法ゆえに、高い集中力も必要になりますし、実際に行うのにはストレスが伴います。

 

繰り返し再生できる英語の音源とスクリプトさえあれば無料でできる練習法ですが、非効率なのは否定できません。

 

 

以上がディクテーションの方法・効果・問題点になります。

 

私はディクテーションが苦手です。

 

正確には手間がかかるので、好きな勉強法ではありません。

 

ディクテーションを問題なくこなせる人は大丈夫ですが、英語を正確に聞き取る力は身につけたいがディクテーションはしたくないという人には、別の方法をおすすめします。

 

私はディクテーションの代わりに、リスニングパワーという教材を使用して英語の音を正確に聞き取る力を身につけました。

 

リスニングパワーはディクテーションのような煩わしさがなく、ただ聞くだけというシンプルな学習方法をしています。

 

教材を買う分、コストはかかりますが、学習の手軽さと効率、効果の高さを考慮すれば、投資価値は十分にあると思います。

 

聞くだけで英語のリスニングを全般的に強化できる教材なので、時間がない人にはリスニングパワーを使った学習をおすすめします。

 

リスニングパワーについては、以下のリンクから私の体験談を見ることができるので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

 

リスニングパワーについての私の詳しい解説はコチラ

 

リスニングパワー